大学や高校を卒業して社会人になるとき、今まで学生だった世界とは変わって、未知なる社会に出るプレッシャーが襲ってきますよね^^;

 

社会人になって働くのが怖い…

そもそも社会に出ることが怖い…

職場はどんな環境なのか心配で不安…

 

今まで社会に出たことがないから、社会人になることって不安ですよね!

 

そんな方に、私の経験を交えて、社会人になることを話してみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

社会人になるのが怖いと思う原因は?

 

 

そもそも社会人になるのが怖いと思うのは何故でしょうか?

 

それは、今まで経験したことのない社会という世界に身を置くからじゃないでしょうか?

 

高卒なら18年間

短大や専門卒なら20年間

4年生大学卒なら22年間

 

幼稚園からずっと学生という社会にいました。

 

 

それが、卒業と同時に、社会人というポジションになります。

 

学校の卒業が近づいてくる程、社会人になりたくない…社会人になるのが怖いと感じる人も多いのではないでしょうか?

 

 

私自身も22歳の大学を卒業するときに、社会人になることがとっても怖かったです。

 

 

どうにかして、学生のままでいられないかと、学ぶ理由を探して専門学校に進学を考えたり、大学院への進学も考えました^^;笑

 

海外留学をしたら社会人になるのが遅くなるので、留学するか…?と安易な考えもしたり。笑

 

とにかく、社会人になるのが怖くて仕方がなかったのです。

 

俗にいうピーターパンシンドロームってやつですかね^^;?

 

大人になりたくないってことですね。汗

 

 

そうは思っても、月日は過ぎて大学の卒業は近づいてきます。

 

ところてん式のように、学校からは卒業するように押し出されます。

 

 

大学の女の子は袴を着て卒業式に出席する場合が多く、私も晴れ姿に着替えて卒業式を迎えました。

 

袴を着て着飾れる喜びと、大学を卒業して社会に出る不安…

 

そんな複雑な思いを持って卒業式に参加しました。

 

 

 

私の社会人デビューの経験談

 

 

私は一応、新卒採用で大手の会社に就職が内定していました。

 

ですが、私は21歳頃までずっと自分の夢を目指していたので、世間の流れで当たり前とされている普通に就職することに対して、とても窮屈な思いを抱えていました。

 

夢をあきらめた虚無感がまだ胸の奥に残っていて、でも大学を卒業するということは、社会に出なきゃいけない。

 

就職はしたくないけど、しないといけない…そう思っていました。

 

そして、新卒入社しないとかなりのハンディになると学校側からプレッシャーを掛けれらていて焦っていました。

 

だから、たまたま内定が出た所に入社を決めました。

 

一応大手企業と言われる会社で、販売営業の仕事で新社会人生活がスタートしました。

 

パンツスーツを着て名刺を持って…

 

最初は、そんな自分がカッコいい!!と思っていました。

 

ですが、私にはその仕事が合わなかったようです。

身体を壊して、新卒入社した会社を6か月で辞めました。

 

私には、職種が合わなかったようです^^;汗

 

 

 

社会人になるってどういうこと?

 

 

結局、社会人になるってどういうことなのでしょうか?

 

企業に就職して働いてお金を貰えている人が立派な社会人なのでしょうか?

 

正社員になって働くことが立派な社会人なの…?

 

実家を離れて1人暮らしをして働いている人が、立派な社会人なの…?

 

社会人って一体何…?

 

その定義ってよくわかりませんよね。

 

私は、社会に出て今年で5年目の26歳です。

 

まだまだ社会人として成長途中の私ですが、

 

私が思う社会人とは自分で行動して決定して、自分で尻拭い(責任を取る)を出来る人が、大人(社会人)なのではないかな?と思います。

 

今まで学生の時って、何か失敗しても、学校側や、親や、バイトの責任者が責任を取ってくれていました。

 

ですが、社会人になるってことは、全ての事に対して自分で全て責任を持つということではないでしょうか?

 

 

大人(社会人)って、自由です。

 

今まで親や先生から「こうしたほうがいいよ!」と指示されていたけれど、誰からも強制的な指示はされなくなります。

 

でも、自分がしっかりしていないと迷うことが多いのも社会人です。

 

自分がどうやって生きていきたいのか?

何の仕事をするのか?

誰と付き合うのか?

どこに住むのか?

お金をどういうことに使うのか?

自分の人生は、自分で決めていくのが大人なんだと思います。

 

 

かつて私が初めて社会人になって就職した会社にて。

私は仕事が合わなさすぎて辞めることを迷っていたときに、職場の部署が違う先輩が私に言ったくれた言葉なのですが、

「社会人になるってことは、

自分という会社を経営していくこと

どの職種で働くのか決めるのも自分。

お金の経理管理も自分。

どこの場所で自分という会社を経営していくのかも自分で決めること。

だから、社会人になるってことは、自分という会社の経営者(社長)になるってこと。

だから決断は怖いけど、全部自分で決めて進めないといけない。」だそうです。

 

この例え話。

上手いこと言っているなぁと感心しました。

 

 

 

一人で決断して行くのは孤独だし、不安です。

 

どの決断が正しいんだろう…?と迷ってしまうことも多々あります。

 

でも、社会人になるってことは、働いてお金を稼ぐこと。というイメージが強いですが、実はお金を稼げることだけが立派な社会人ではないと思います。

 

 

私が思う、社会人になるってことは、大きなことから小さなことまで、自分で決断を下していくことが出来るのが、立派な大人(社会人)なんだと思います。

 

これは、私の持論なので、絶対正しい!!とは思いませんが、私はこう思います^^;

 

 

今、社会に出るのが怖いと感じている学生の方に伝えたいのは、怖くてもいずれみんな社会に出ていくタイミングが訪れます。

 

私も最初は本当に社会人になるのが怖かったです。

 

でも実際社会に出てみて荒波に揉まれて、大変なことも正直ありますが、様々な体験を経て、経験値が増えて大人になっていくんだなぁと思っています。

 

 

もし社会人デビューした環境が、何も大変な事がなくて平穏な道だったとしたら、嬉しいし楽かもしれませんよね^^

でも、ある意味、経験値不足な人間になります。

 

 

まだ見ぬ社会人の環境は、どんなものかは人それぞれ異なるので何とも言えませんが、社会人デビューを怖がるのではなく、来るものなんでも来い!と身軽に構えていたらいいと思います

 

 

そしてもし、

社会に出て、もうだめだ!!と思ったら、自分で自己決断をして、新たな道を歩き始めたらいいと思います^^

 

怖がらなくても、なるようになる!

 

そう構えて、社会人デビューをしてみてはいかがでしょうか^^?

 

 

あなたのことを陰ながら応援していますね♪

 

スポンサーリンク

 

 

この記事の内容が面白かった!役に立った!と思ったら共有してね♪