希望の党の小池百合子代表(東京都知事)が代表を辞任するそうです。

一体なぜ辞めるのか?

いつ辞めるのか?

気になることをまとめてみました!

スポンサーリンク

小池百合子代表の希望の党を設立はいつだったか?

小池百合子代表は、安倍首相が衆院解散を表明した今年2017年9月25日に自らが代表を務める希望の党を設立されました。

最近行われた衆院選では過半数を超える候補者を擁立しましたが当選は50人にとどまり、敗北を喫しました。

衆院選の投開票日

小池代表は出張中のパリでした。

その際、小池百合子代表は選挙の敗北について、「今回は完敗。私自身にもおごり、慢心があったのではないかと反省している」などと述べていたことが記憶に新しいですよね。

小池百合子代表が辞任を表明

希望の党の小池百合子代表(東京都知事)が党執行部人事が2017年11月14日の同党の両院議員総会で決まることを受けて、代表を辞任する意向を固め、周辺に伝えました。

今や東京都知事としての顔となっている小池百合子代表ですが、一体なぜ辞任する事になったのでしょうか?

スポンサーリンク

小池百合子代表はなぜ辞任するのか?

小池百合子代表は衆院選後「創業の責任がある」として代表を続けていました。

ですが、今回辞任する理由は、

都政に専念する必要があると判断したとみられるそうです。

なるほど…。

そういう訳があって代表を続けて来て、今回区切りとして離れる事になったのですね…!

今回、小池百合子代表が辞任するという事で、今後の希望の党の動きや、小池百合子さんの動きからも目が離せませんね!

スポンサーリンク

この記事の内容が面白かった!役に立った!と思ったら共有してね♪