真木よう子さんが出演する映画『SUNNY』

 

突如、映画出演を降板することになった理由は?

噂では精神病や拒食症と言われている様ですが、体調不良の理由は?

 

気になることを調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

真木よう子さんと言えば

美人さんで、様々な作品に出演されている女優さんなので、知らないという方は少ないと思いますが、簡単にプリフィールをまとめてみました(*^_^*)

 

 

真木よう子プロフィール

 

 

私のロングポニーテールが見れるのはアナザーストーリーズだけ‼️

真木よう子さん(@yokomaki_official)がシェアした投稿 –

1982年10月15日生まれ(35歳)

千葉県印西市出身

所属事務所:フライングボックス

身長:160cm

血液型:A型

趣味:映画鑑賞・スポーツ

元夫:片山怜雄 2008年11月 – 2015年9月)

 

 

元気で明るいイメージの真木よう子さん

一体なぜ映画を降板することになったのでしょうか?

 

 

真木よう子さんが映画『SUNNY』を突如降板!?一体なぜ?

 

「10月初旬から、広瀬さんが演じる主人公の過去パートの撮影がスタートしていました。

順調に撮影が進み、下旬から現在パートの撮影がクランクインする予定だったのですが、撮影前日に真木さんの体調不良を理由に中止になりました」(前出・制作会社関係者)

文章引用元:週刊女性PRIME

 

撮影直前に急遽降板を決定したようですね…

理由は体調不良としか発表されておらず、詳しい詳細は公表されていません。

 

降板した役柄は、板谷由夏さんが代わりに演じることになりました。

 

真木さん…一体どうしてしまったのでしょうか…?

 

 

スポンサーリンク

 

 

コミケ騒動から体調不良になったとの噂も…

 

この夏に、真木さんはコミケ騒動がありました。

 

その詳細は…

2017年8月25日に、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」でフォトマガジン出版プロジェクトを立ち上げ、2017年冬に開催される「コミックマーケット93(コミケ)」へ参加する意向を明らかにした。

 

しかし、Twitter上では「わざわざコミケという場所を選ぶ必要性がまったくない」など批判的な声が相次ぎ、28日、真木はコミケ参加の意向を撤回した。

 

同日CAMPFIREのプロジェクトページに掲載された声明では、「夏のコミケに行って会場を見ただけで、コミックマーケットの昔からのルールや、マナー等、一切勉強をせず安易な気持ちで応募してしまいました」「コミケも、クラウドファンディングも知らず、そこから生まれる批判を予測できなかった」と説明。

引用元:ハフィントンポスト

 

 

この騒動が原因かは定かではありませんが、現在、真木よう子さんのTwitterは非公開になっています。

 

ネット上のバッシングが相当精神的にダメージが大きかったのではないかな?と思います…

 

 

2017年夏に放送されていたドラマ「セシルのもくろみ」では、真木さんは主役を元気に演じられていました。

 

ですが、

私はドラマを見ていて、目が真っ先にいったのは、真木よう子さんのガリガリな姿が凄く印象的でした。

 

あれ?こんなにガリガリだったっけ?

もっと健康的で綺麗だったイメージだけど…と。

 

全体的に細くなっていて、首筋が特に細さを物語っていました…

 

真木さん、どうしたんだろ…?

拒食症になったのかな…?と思うほどでした。

 

もしかしたら、このコミケ騒動が原因でその頃から精神的なダメージが影響していたのかもしれませんね…

 

公式的に、真木よう子さんが精神病や拒食症とは公表されていないのですが、世間からはそのような可能性が高いのではないか?と噂されています…。

 

 

今回の映画の降板も、急な展開で、びっくりしました…

そんなに体調が悪くなっているなんて…と。

 

 

真木よう子さん、早く体調を回復させて、また元気な姿をTVで拝見したいと思っています。

 

 

スポンサーリンク

この記事の内容が面白かった!役に立った!と思ったら共有してね♪