池井戸潤原作のドラマ「陸王」

今回の1話のあらすじ感想ですが、

 

役所広司さん・竹内涼馬さん・風間俊介さんの演技が良い!!泣けた!!

山崎賢人さんの役柄が良い!!

 

下町ロケット感が凄い感じました!との意見も多いようですね!

 

陸王の1話のあらすじ感想をまとめてみました!

 

 

スポンサーリンク

 

陸王1話あらすじ

 

埼玉県行田市にある足袋製造会社「こはぜ屋」。

 

その四代目社長・宮沢紘一(役所広司)は、年々先細る足袋の需要から今日も資金繰りに頭を悩ませていた。

 

そんなある日、

追加融資の相談に銀行に訪れたのですが、今回の稟議は受け付けてもらえましたが

融資担当の坂本(風間俊介)から「足袋1本だと、いずれは会社の経営が持たないと判断されて、融資されなくなる。なので、今までの事業を元に、新規事業に踏み出してみてはどうか?」と提案をされました。

 

その時、宮沢紘一(役所広司)は「こはぜ屋」の存続がかかっている現実と真剣に考えはじめました。

 

このまま今まで通りの足袋1本での経営をするか…

従業員のリストラか…

 

ある日、宮沢紘一(役所広司)の娘のランニングシューズを受け取りに、靴屋に出向くと、見たことのない形の靴が置いてりました。

 

それはランニング足袋シューズだった。

 

この靴を見たことをヒントに、

足袋製造会社としてこれまで培った技術が活かせる“裸足感覚”を追及したランニングシューズの開発を始めていく事を決しました。

 

 

誰もリストラをせず、そして無理と言われているけれど、ランニング足袋シューズの開発に前向きに取り組むことにした「こはぜ屋」一同だった。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

陸王1話のみんなの感想

 

「陸王」面白い!日曜劇場の池井戸作品はいつも当たるね!!

 

 

陸王の大地役の山崎賢人が思いのほか良くてビックリした。山崎賢人って少女漫画のヒーロー役より、フツーの平凡な男子役のが似合う気がする…

 

陸王!ええやん!熱い!

 

陸王が今凄く熱い!!!

 

録画しておいたの見た。夢中になって見た。これは、毎回必ず見なくちゃ!

 

 

陸王なんか下町ロケット感半端ないな!

 

陸王みてて初っ端から竹内涼真くんに泣かされた

 

マラソン中に転んで足をくじいたけれど「まだ走れます!」という本人に対し、周りの判断で棄権してしまうシーン、こっちまで目頭が熱くなってしまいました…。

 

 

私も実際「陸王」を観た感想は…

 

山崎賢人さんって最近漫画原作の作品に多数出演されていますよね!

漫画原作だと、ドS役とか、ちょっと一癖ある役柄が多いのですが、今回の陸王だと、ナチュラルな若者を演じていて新鮮でした。

そして、こんなナチュラルな役のほうが似合っているなぁと思いました^^

 

竹内涼真くんの走りたいのに棄権したところも、なんだか見ていて、熱いなぁ青春だなぁと思いました^^

 

役所広司さんの最後のシーンを見て、こんな上司が居たらいいなぁと個人的に思いました。笑

 

 

ちなみに今回ドラマに出てきた

ランニング足袋シューズについて、どこで購入できるのか?を調べてみました^^♪

 

気になる方はこちらからどうぞ★

陸王のランニング足袋シューズのブランドは?通販購入方法は?

 

 

来週お休みで10月29日に2話が放送のようですね^^♪

次の展開も凄く楽しみです♪

 

 

スポンサーリンク

この記事の内容が面白かった!役に立った!と思ったら共有してね♪