コウノドリ1話良かったですよね!四宮先生(星野源)の人気がやっぱりすごいようですね!

 

しのりんが言った「手伝うじゃないだろあんたの子供だろ」に共感した女性人がとても多かったようですね!

 

夫・男性に見てほしいドラマだ!と共感した意見が多かったです^^

 

そして、星野源さんがドラマに出てきて、ニヤニヤが止まりませんでした。笑

 

そんな、コウノドリ2の1話の四宮先生の感想あらすじをまとめてみました!

 

 

 

スポンサーリンク

 

コウノドリ1話あらすじ

 

産婦人科医としてベテランの域に入った鴻鳥サクラ(綾野剛)は昔の恩師・荻島勝秀(佐々木蔵之介)がいる離島の病院で働いていた。

 

 

一方、研修医だった下屋(松岡茉優)と新生児科の白川(坂口健太郎)もそれぞれ専門医となりペルソナで精力的に働いていました。

離島から帰ってきたサクラ(綾野剛)は、助産師の小松(吉田羊)と耳が聞こえない妊婦の早見マナを診察することになりました。

マナの夫の健治も付き添いで来ていて健治も耳が聞こえないようです。

 

 

マナとサクラは、ホワイトボートを使い筆談で会話をすることにしました。

 

一方、産婦人科医・四宮(星野源)は早く仕事に復帰したいキャリアウーマンの妊婦、佐野彩加を診察。

 

 

診断の結果、彩加の赤ちゃんは“心室中隔欠損”と呼ばれる心臓に小さな穴が開く疾患にかかっている事が分かり、激しく動揺する彩加

 

 

子供の様子を周産期センター長の今橋(大森南朋)も加わり、慎重に彩加と夫の康孝に伝えました。

 

彩加は早く仕事に復帰したい気持ちと病気の赤ちゃん。

 

2つの不安に挟まれる。

 

マナと彩加は無事出産を終え、幸せな気持ちと、出産後、子供と生きていく不安を描いた1話でした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

コウノドリ1話の四宮先生(星野源)の感想は?

 

しのりんに怒られたい、前髪わしゃわしゃしたいという欲がとまりません笑

 

 

四宮先生が映った瞬間、しのり~ん♡ってテレビに手を振ってしまったことは内緒。笑

 

あぁ・・・四宮先生も好きだし星野源も好きだからコウノドリはほんと最高

 

 

 

四宮先生が放った「何言ってるんだ。手伝うじゃないだろ。あんたの子供だよ」は名言だ!!流行ればいい!!自分の子供なのに子育てしないって育児放棄だよなww母親は責められて父親は責められない世の中ww

 

泣いたし感動したし、四宮先生の発言は後世まで語り継がれるべき。

 

四宮先生の「手伝う」じゃないだろ「あんたの子供だろ」のセリフに激しく共感!本当そー思うよ!

ほんとなんで男の人って女が育児するのが当たり前だと思ってる人が多いんだろう?
外で稼いでる稼いでない関係なく、女もすっごい重労働してんのに。

 

 

サクラ先生は患者さんの理想の先生だよね。

サクラ先生の温厚さと心の広さは尊敬するけど、四宮先生のように思ってることズバッと言えたら爽快だろうなとも思ってしまうw。言い方はやや問題あるけどいつも正論だからなぁ

 

 

四宮先生の…
「手伝うじゃないだろあんたの子供だろ。」本当に正論。

 

 

四宮先生、手伝うよ発言に怒ってくれてありがとうございますアレホントオマエ蚊帳の外かって悲しいし、最初は本当に、本当に不安だった。そして言葉だけで行動伴ってなかったらどんどん気持ち冷めて行きもう当てにしなくなるやつ。思い出すな…

 

 

ずっと泣いてみてしまった、、。
男性にもちゃんとみてほしいドラマ。
高橋メアリージュン、ナオトインティライミ夫婦の旦那さんに四宮先生が言った「手伝うじゃないよ、あんたの子だよ」って何人の人が拍手したろう。
耳が聞こえない夫婦の出産シーンの無音の演出、泣けました。

 

 

「四宮、このやろぉ!」やっぱ小松さんとのやりとりないとな、にしてもしのりん酷い(笑)

 

 

サクラと四宮がスタッフルームで向かい合って話してるところめちゃ好き

お互いがリスペクトして、でも相手の抱えてるものを無理して支えるんじゃなくて、背負いすぎるなってせめて息抜きさせてあげられる一言をかける四宮先生ほんとたまらん
……え?って一瞬戸惑うサクラの弱さもまたたまらん

 

 

 

 

今回、四宮先生のセリフに共感した女性が沢山いたようですね!

確かに、このセリフには共感しましたね~!!

 

四宮先生のツンツンも少し丸くなったような気がします…笑

次回はどんな展開になるのか?

 

今週のコウノドリ2もとっても面白かったですね(*^_^*)

来週も楽しみです♪

 

 

スポンサーリンク

 

 

この記事の内容が面白かった!役に立った!と思ったら共有してね♪