石原さとみさんと言えば、昔と今とでは凄く印象が変わりましたよね!!

なぜこんなにも変わって可愛くなったのか?

いつごろから可愛くなったのか?

 

気になったのでまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

 

デビュー当初の石原さとみさん

 

デビューしたての10代の頃の石原さとみさんと言えば、眉毛が太く、たらこ唇のイメージで、どこか垢抜けないかんじがありましたよね^^;

 

ホリプロスカウトキャラバンから選ばれたシンデレラガールなのに、なんだかイマイチ美少女!!!という感じは少なかったですよね^^;

 

石原さとみさんが10代の時に出演されていた

ドラマ・ウォーターボーイズに出演しているときも、正直あまり華はありませんたよね^^;

 

 

このウォーターボーイズのドラマ以降も

ホリプロからの期待の新人ということで、ドラマなどにはよく出ていましたが、いまいち華はありませんでした^^;

 

 

そんな石原さとみさん。

なぜか、ここ最近とても綺麗になって、びっくりしている人も多いのではないでしょうか?

 

整形したのか?とも言われていますが、昔の顔と比べて、整形したというよりは、お化粧などで垢抜けた感じがします。

 

ここまで、垢抜けて美人になるとは本当にびっくりです!!

 

 

失恋ショコラティエで可愛くなった!

 

嵐の松本潤さん主演の月9ドラマ・失恋ショコラティエに出演してた石原さとみさん。

このドラマが放送中、なぜこんなに可愛くなったのか!?と凄く話題になっていましたよね^^!

 

今までの垢抜けない印象とはガラッと変わって、凄く可愛い女の子感が満載でした。

私もこのドラマを楽しみに見ていたのですが、あまりの変わりようで、凄くビックリしたのを覚えています^^;

このドラマの石原さとみさんが変わりすぎて、可愛すぎて、私も毎回ドラマに見入っていました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

石原さとみ・可愛くなった訳を語る!!

今や有名化粧品のCMにまで起用されるぐらい、芸能界の美人ポジションになった石原さとみさん。

 

 

石原さとみさんが、なぜここまで見た目が変わったのか?というと

 

石原さとみさんいわく、

「わたしはできれば常に前進していきたい。

その意味で、自分の短所やコンプレックスを個性と言わないように、直そうと努力することは大事だと思うんです。

 

誰でも自分の嫌いな部分ってありますよね。

 

仕方ないと思ったり、流したりしてしまいがちなのですが、その場で直さないと成長につながらないんですよね。

 

嫌な部分に目を背けて、自分が変わろうとしないと、大切な人たちを傷つけてしまうかもしれない。

それが嫌なんです。だから自分自身が変わる努力をしたいんです」という強い思いがあるそうです。

 

 

どう見られるかでなく、どうありたいか

 こうした自身と向き合う姿勢は、外見的な部分にも変化を与えたそうです。

石原さとみさんは、「10代から20代中盤までは、どこかで『わたしなんて』と思っている部分がありました

 

夢はあるけれど、それに近づいていけない歯がゆさや情けなさがあって、外からの見え方ばかり気にしていたから、つらかったですね。

 

しかし、20代中盤から「自分がどうありたいか」を考えるようになったという。

 

そう考えるようになると

メイクしていても楽しくなっていったんです。

結果、褒めていただけるのはうれしいし、またメイクの勉強をしてみたいと思うようになり、ファッションも自分が好きなものを取り入れるようになっていったんです。

自分が好きだったら、人から何と言われても納得できるようになりました「人からどう見られるか」を気にしなくなった結果「自分の好きなもの」を取り入れるようになりました

「評価」は副次的なものというが「好きなものを褒められると自信になりますよね」と気持ちの変化を語っていました。

 

なるほど。

石原さとみさんも、普通の10代~20代の女の子のように、見た目や様々な葛藤に悩んでいたのですね。

この石原さとみさんの発言からも分かるように、心の変化がキッカケで綺麗になったことが分かりますね。

 

 

やっぱり、前向きに努力していくことで、自分自身を変えることで、中身も外見もきれいになるのですね!!

 

私も石原さとみさんのこのマインドを見習おうと思います^^!!

 

スポンサーリンク

この記事の内容が面白かった!役に立った!と思ったら共有してね♪