5月5日に放送された湊かなえ原作のドラマ・リバース

玉森裕太さん演じる、あさみんがカッコいい!!演技が自然で上手い!!と話題になっています!

また犯人は、浅見先生に見せかけておいて、村井さんなのか…?

続きが気になりすぎる!

 

そんなリバース4話についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

 

リバース4話あらすじ

 

浅見康介(玉森裕太)は

大学時代に家庭教師のバイトで

中学受験の子を受け持ったがその子の母親から勉強ができない子の気持ちが分からないと外され、

その後任になったのが広沢由樹(小池徹平)だったでした。

そして、その子は中学受験に受かったのでした。

 

今回の幕開けは浅見先生のこの語りからスタートしました。

 

 

谷原康生(市原隼人)が

電車のホームから付き合おとされたことを聞いた深瀬和久(藤原竜也)は病院に駆け付けます。

浅見によると誰が突き落としたのかは分からないと。

谷原は一命を取り止めたもの意識が戻らない状態になりました。

 

 

また、村井隆明(三浦貴大)は

不倫をしていた沼淵ことは(篠原ゆき子)の家に、村井香織(趣里)と一緒にいます。

香織はことはと不倫をしていることを突き止め、家にやってきたのでした。

 

その頃

深瀬と浅見は地下鉄のホームに立っています。

 

浅見は「最近、知らない人と会ってないか?」と聞かれた深瀬は、サッカー部キャプテンの父親・相良成行が会いに来たことを話しました。

 

すると浅見は「その話に乗ったら?そうすれば彼女との関係も良くなるだろうし…」と話します。

 

深瀬は、自分の良い転職先は、浅見との友情か揺れ動きます。

 

深瀬は指導会議で証言する当日

生徒・父兄・教員の前で「生徒たちは、ビールを飲んでいました」と答えました。

 

「断言はできません。俺が断言できないって彼が無実であることの証明になりません。浅見にも、誰にも証明できません。本当のことを知ってるのは彼らだけです。」

 

すると部員の人が立ち上がり飲酒をしたら大会に出れなくなるは分かっている、バカじゃないですよと反論。

 

深瀬は

「本当にそれでいいの?誤魔化すの嫌だって思っている人もいるんじゃ?今、見ないフリをしても記憶からなくなることはないんです。その時は誤魔化せると思ってもあとで必ず辛くなる。上手くいかないことがあった時、全部、報いだと思ってしまうんです。あの時の罰だって。たくさんのことを諦めてしまうんです。そのことで周りの人を傷つけることだってあるんです。そういう思いはして欲しくないんです。」

 

指導会議が終わり、浅見は「いい友達を持ったよ。」と感謝します。

 

その後浅見が誰にも話していない話を深瀬にします。

あの事件当日の雪の日。

爆発音がした後、広沢の車は炎上したのですが、その近くを村井が通って行く姿を目撃していたというものでした。

 

 

 

リバース4話の感想は?

今回の話もゾクゾクしましたね!

村井さんの妻が、浮気相手の家に乗り込んでくるところが、女の怖さが出ていましたね~!

 

また、広沢君。今日もとても可愛かったですね!

出番が回想シーンだけなので、あまり見れないのが残念ですが(^_^;)

 

 

犯人は一体t誰なのでしょうか・・?

今日の放送の始まりでは、浅見先生が広沢に対しての嫉妬の感情を淡々と語る姿から、犯人を連想させていましたが、

4話の最後のシーンでは、、村井さんが犯人のように映っていましたよね!

犯人って一体誰なのか、全く読めませんね…!!

また来週の展開から目が放せませんね!!

 

 

記事はまだ続きます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

リバース4話みんなの感想は?

今回もとても盛り上がりましたね!

そんな4話を見た人の感想はどうなのか?まとめてみました!

https://twitter.com/tmmr__p_q0317/status/860496067984367616

 

https://twitter.com/tamafami_KMF2/status/860507208341110784

 

 

 

 

 

 

今回の話は主に浅見先生でしたね!

 

次に起こる事件は一体どんなものなのか・・?

 

次回もドラマから目が放せません!!

 

 

スポンサーリンク

この記事の内容が面白かった!役に立った!と思ったら共有してね♪