バニラエア Vanilla Air はANAグループの航空会社(LCC)です。

予約の取り方・チケット購入方法や、

CAさんの接客や、機内の雰囲気など、私が実際乗ってみた感想をまとめてみました!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

バニラエアとは一体?

2011年7月21日、全日本空輸(現:ANAホールディングス)と、

マレーシアのエアアジアが共同で出資し、

格安航空会社を設立させることに合意し、2011年8月31日に設立された日本の格安航空会社です。

 

2012年8月1日に就航し、

2013年10月26日をもってすべての便の運航を一時休止しました。

2013年11月1日に商号を現在の

「バニラ・エア株式会社」に変更し、2013年12月20日から運航を再開しました。

また、2014年(平成26年)に設立されたエアアジア・ジャパンとは全く別の法人です。

 

格安LCCとしては
Peach Aviation(ピーチ)や、

ジェットスター・ジャパンが有名ですが、

こちらのバニラエアもじわじわ人気になっている格安航空です。

 

2016年には『マツコの知らない世界』で、LCCの世界でも紹介されていました!

 

 

バニラエアは、どこを飛んでいるの?

 

国内や海外など、どこを飛んでいるのかというと…

 

国内線
東京/成田 – 札幌/新千歳
東京/成田 – 沖縄/那覇
東京/成田 – 奄美
東京/成田 – 大阪/関西
東京/成田 – 函館
大阪/関西 – 函館

(2017年3月18日~4月5日、7月15日~8月31日の期間運航、当面季節便計画)

大阪/関西 – 奄美

 

国際線
東京/成田 – 台北/桃園、高雄
大阪/関西 – 台北/桃園
沖縄/那覇 – 台北/桃園

東京/成田 – 香港

東京/成田 – セブ

東京/成田 – 台北/桃園 – ホーチミン

 

この路線を飛んでいます。

バニラエアの予約方法は?

 

格安LCCのバニラエア予約を取る方法は、

公式HPから予約が取れます!

予約を取りたい方はこちらからチェックしてみてくださいね♪

バニラエア公式HP

 

 

空港でバニラエアに乗るまでの流れは?

 

LCCのチェックインってどこでやるのか?

今回実際関西国際空港から東京成田空港まで行った経験を元に説明しますね♪

 

 

まず、関空でのチェックインは

第一ターミナルでチェックインします。

なので左のT1の方向に進みます。

 

空港線の電車を降りて、

道案内に表示されているのでその方向に向かっていきましょう♪

 

 

場所はここ!と説明してくれている掲示板があります!

スターフライヤーと、

ジェットスターの間にバニラ航空のチェックインカウンターがあります!

 

 

実際はこんな感じです!

黄色とブルーの色が目印です♪

バニラエア、Vanilla Air 、LCC、柿安航空

 

そしてカウンターでチェックインをします!

 

カウンターの横には

自動チェックインの機会も2~3台用意されているので、

自分でその機械でチェックインをすることも可能です♪

 

これが航空券になります。

 

 

そして、手荷物検査場を通過した後はバニラの待合場所に向かいます。

 

バニラエアは25番ゲートから出発なので、手荷物検査場からは結構歩きます。

 

(※ゲートの場所が変更になる可能性ありなので、随時チェックしてみてくださいね!)

 

端のほうなので、結構歩きますが、

途中には歩く歩道もあるので、楽々です♪

 

バニラエアの待合の様子はこんな感じです

私は空港の旅立つ前のワクワクが好きです(*^_^*)

 

 

機体はこんな感じです♪

 

 

そして、いざ機体に乗り込みます!

 

 

機内はこんな感じの黒い革張りのようなシートで高級感があります!

3列シートが左右にあり、機体は他のLCC同じような感じで

大手のANAなどと比べると小ぶりです。

 

席についてみると私はちょうどいい感じでしたが、

大きな身長の男性だと、少し窮屈に感じるかもしれませんね。汗

前のシートとの間はこぶし1個分ぐらいです。

左右の窮屈な感じはあまりしませんでした!

 

個人的にLCCピーチよりも

椅子の質がしっかりしている気がしました!!

 

LCCのピーチの座席の椅子は

後ろに座っている人が、ゴソゴソと動くと、その動きが背中の椅子に動きが伝わってくるのですが、

LCCバニラは、そこまで違和感は感じにくかったです。

 

機内紙には、機内食など、美味しそうなメニューが沢山載っていました♪

どれも美味しそうですよね~!!

 

このLCCバニラのマークが入ったクリームパンは、とろ~としたクリームが入っていて人気だそうです♪

 

 

そのほかにも、バニラエアのオリジナルグッズも載っていました。

乗った記念に購入するのも良いかもしれませんね!

 

 

そして機内紙には

成田空港から東京方面へ行くアクセス方法も載っていました!

ちなみに私はいつも、

成田空港からの移動は、高速バス1000円で移動することが多いです。

 

電車だと乗換があったり、

指定席だと料金が高くなったりするので、楽に1本で都心部に行ける高速バスが一番楽だな~。と思っています♪

 

LCCピーチだと機内で高速バスのチケットを機内販売してくれているのですが、

バニラエアの機内では、高速バスチケットの販売はありませんでした。

あれば、より便利なのにな~。と個人的に思いました。

 

でも事前にバニラエアのHPで前売り券が

900円で販売されていますので、そちらから事前に購入しておいても良いかもしれませんね♪

 

 

ちなみに高速バスに乗って移動する際は

バス乗り場に行って運転手さんに直接乗る前に支払することも可能ですが、

事前に空港内で購入することもできます。

かなり長蛇の列になって並ぶことになりますが、5分~10分程並んでいると購入できます!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ちなみにLCCバニラでは、

高速バスのチケット販売はないですが、

スカイライナーの券を飛行機内で買うと、少しお得なようです!!

 

もしスカイライナーで移動を検討している方は、

機内で買ったほうがお得なので試してみてはいかがでしょうか?

 

 

バニラエアの接客の感想は?

格安航空ということで、接客はどんな感じなのか、気になりますよね!

 

バニラエアの地上係員(グランドスタッフ)の対応もとても丁寧でした。

 

そして、CAさんは、他の航空会社では珍しい、男性のCAさんがおられたのが印象的でした!!

みなさん、丁寧にあいさつ、接客してくださり、気持ちの良い空の旅が出来ました!!

 

なので、安いから接客が悪いということは全くなかったです!!

 

 

 

LCCバニラエアの感想は?

今回初めてバニラエアを体験してみた感想ですが、

関空⇒成田は時間帯が1日に朝と夜の2本しかないのですが、

個人的にちょうどいい時間帯だったので、使いやすい時間帯だったのがありがたいなぁと思いました。

 

今回朝乗ったのは9時55分発の飛行機だったのですが、

このような朝早すぎない時間帯だと、ANAなどの場合は追加料金が発生します。

でも、バニラは追加料金なく飛行機に乗れ、片道4800円程で安く予約が取れたので満足です♪

 

 

デメリットとしては

1日に朝・夜の2本しか飛行機がないため、融通が利かない点がデメリットですね。

遊びに行くなどの、時間設定の自由度がある場合は、かなりいい飛行機だと思います♪

 

 

 

今回往復で使った料金は?

今回移動費で使った金額は10900円でした。

片道4800円×2

それに空港使用料金がプラスされるので、この10900円になりました。

でも、関空⇒成田の往復のアクセスが1万円弱という破格で移動できるのは嬉しいです♪

 

 

またバニラエアでの

帰りの便のレポートもまとめてみました!

バニラエア成田⇒関空の乗り方・感想まとめ

 

 

気になる方は、

こちらからチェックしてみてくださいね♪

 

バニラ公式HP

バニラエア、Vanilla Air、格安航空 、LCC

 

大黒屋トラベル

また、こちらからは安い航空会社を比較検討して購入できるので、

安い航空券を探している方は、こちらもチェックしてみてくださいね!

 

 

私個人的に、バニラエアを利用してみて、とても満足出来て、使えると思いました!!

 

是非、安く旅を考えている方は、

LCCのバニラエアを利用してみては、いかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

この記事の内容が面白かった!役に立った!と思ったら共有してね♪