母の日ギフトとして王道なのはカーネーションですよね!

花束・アレンジメント・1本巻・など、

それぞれの価格相場や、商品によってのメリット・デメリットをご紹介します♪

 

 

お花ってもらうとちょっと特別な気分になるので、お母さんも絶対喜ぶはずです!

 

どんな形でプレゼントしたらいいか、参考にしてみてください♪

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

カーネーション入りの花束

 

母の日と言えばカーネーション

花束にして贈ると、凄く素敵!

他の花と一緒にミックスして作られた花束はとても華やかです♥

 

 

画像引用:http://haha-no-hi-hana-t.blog.so-net.ne.jp/2013-04-25-4

色とりどりなカーネーションだけでまとめた花束も母の日らしくて素敵です♪

 

 

 

画像引用:http://important-mothersday.seesaa.net/article/416819147.html

紫色のムーンダストという名前のカーネーションは1本450円~と高価ですが、とても上品で美しい色です♥

 

花束の持ちは1週間ほどです。

価格相場は500円~3000円程

 

花束のメリットは、

華やかで貰った時のインパクトが大きく華やかです!

 

花束のデメリット

花瓶が家にないと飾れません。

ですが最近100均にも素敵な花瓶が販売されているので、一緒にプレゼントしてみても良いですね♪

 

 

 

カーネーションのアレンジメント

 

画像引用:http://www.e87.com/selection/mother/g/gSA17208140/

 

アレンジメントとは、

切り花を給水スポンジに挿して活けているものです。

花瓶がなくても、スポンジに水をあげるだけでOK

花瓶がなくても、そのまま置いとくだけOK

お手入れ簡単なのがメリットです♪

 

 

母の日は赤やピンク色が人気ですが、あえての、ちょっと落ち着いた色合いも素敵です♪

 

持ちは1週間程

 

アレンジメントのメリット

花瓶がなくてもそのまま置いて飾れる

 

アレンジメントのデメリット

水をあげすぎると、オアシス(スポンジ)から水が漏れてしまう

 

 

 

カーネーションの鉢

画像引用:青山フラワーマーケット

 

鉢花なら1か月ほど楽しめます♪

THE母の日の王道ギフトです!

カーネーションは多年草なので、

毎年咲くお花なのですが、

実は結構年を越すのは難しいお花なので、今年だけ楽しむ方が多いお花です。

 

カーネーションの育て方まとめ記事

 

花持ちは1か月程

 

鉢のカーネーションのメリット

1か月程楽しめること

 

鉢カーネーションのデメリット

多年草だけど、来年咲かすことはかなり難しい

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

カーネーションの寄せ植え

画像引用:https://www.creema.jp/item/2119699/detail

 

様々な種類の花が入っている寄せ植えは、見た目が凄く華やかで、長持ちすぐのが嬉しいですね♪

 

寄せ植えのメリット

とにかく華やかなので、貰ったときのインパクトは大きい

花持ちも長い

 

寄せ植えのデメリット

適当に水をあげすぎると、鉢の底に水が貯まってします。

 

 

 

カーネーションの1本巻

 

他の物と一緒にちょっとお花をプレゼントしたいときにピッタリ

 

毎年かなり人気でよく売れる商品です♪

 

花持ちは1週間~10日程

 

購入する地域によって異なりますが、

単価は

地方だと、1本250円~

都心部だと1本巻500円程

 

毎年かなり飛ぶように売れる人気商品です。

ちょっとした気持ちとして贈ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

  アジサイ  

母の日と言えばカーネーションのイメージが強いですが、実はアジサイも人気なのです!

 

アジサイは5月~6月にかけてお店に出回る商品なのですが、

お店ではアジサイも母の日用として販売されています。

 

アジサイは毎年咲くので、毎年どんな色に変化していくかを楽しめます!

 

価格相場は

2500円~5000円

 

アジサイのメリット

華やかで種類が豊富

切れば花瓶にも飾れるし、挿し木で増やすことも可能

切って、乾かせばドライアジサイに出来るので、部屋のインテリアにも素敵です!

 

 

アジサイのデメリット

育てるのが簡単で、毎年咲くのですが、土の成分によって花の色が異なってくる可能性が高いです。

最初に水色を購入したのに、次の年は、紫っぽくなったりします。汗

 

 

 

いかがでしたか?

お花って贈られる側も贈る側も、心が癒さます

 

お母さん

いつもありがとう!

 

母の日には感謝の気持ちを込めて、是非お花をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

この記事の内容が面白かった!役に立った!と思ったら共有してね♪