東京都杉並区に「ベーカリー兎座LEPUS」というパン屋さんが2017年3月2日に開店したばかりのお店なのですが、すでに大人気となっています!!

 

このお店は販売している食パンが、Twitter上で注目を集めて爆発的な人気だそうです!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

うさぎ食パンって?

ウサギ形がとっても可愛すぎるパンです。

一斤300円

「ウサギ食パン」は焼き方にこだわっていて、大きい生地を低温で じっくり長時間焼き上げているそうです。

とっても手間がかかるので、1日の生産が24~32本なんだそうです。

 

 

 買うには? 

お店の公式ブログを見ていると、お店の方も想像していた以上に人気で、びっくりしているようですね!

 

朝 お店がオープンして24本がすべて焼きあがっているわけではなく、朝の時点では8本程のみ焼きあがっているそうです!

 

 

「ウサギ食パン」は、時間ごとに8本づつ焼き上げているそうで、

①11:00

②15:00

③17:00

 

この各時間帯に8本ずつだそうです。

 

パンを製造しているのはスタッフの東山さん1人のため、ウサギ食パンは1日32本が上限だそうです。

焼き上がる時間の問い合わせも多く寄せられていますが、気温や湿度、粉や水の温度などで時間が変わってくるため、はっきりとは言えないそうです。

 

気温の変化にもよるので、

少ない日で24本で、多い日で32本なのですね!

 

かなりレア感がありますね~!!

 

 

なぜこんなに人気に!?

 

なぜ

オープンしてすぐに、こんなに人気になったのでしょうか?

その理由は 

2017年3月8日に突然ツイッターで「ウサギ食パン」が話題になりました。

 

 

パンを買ったお客さんとが

ツイッターに画像を投稿すると「すっごく可愛い」と話題になり、すでにリツイートは3万6千、いいねは5万1千を超えています!!

 

 

お店の人によると、

 「もともと、それほど人気のパンではありませんでした。それが、3月8日の夕方ぐらいから『ウサギ食パンありますか?』と訪ねてこられるお客さんが急に増えたので、何があったんだろうと不思議に思っていたんです」とのこと。

 

 

ツイッターの拡散の力って本当に凄いですね!!!

たしかにこの可愛いうさぎパンをみたら、欲しくなりますよね!!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 作るのが大変 

実はこのウサギパン。

かなり試行錯誤して作られたそうです。

この可愛いウサギ型。

特注した型を使っているそうなのですが、作ってくれる町工場を探すのに一苦労。

4軒に断られた末、ようやく「うちならできるよ」というところを見つけてたそうです。

 

型はできたものの

型に入れて焼くと、耳がとがり過ぎていたり、型から外れなかったりと失敗の連続。

そこで行きついたのは、熱を対流させる特殊なオーブンを使い、低い温度でじっくり焼くことで商品化できたそうです!

 

 

確かにこの型でパンを焼こうと思うと難しいですよね…!!

ウサギのミミのあたりはこんがりしていそうですね…!!

美味しそうだなぁ。

 

 

オリジナルの楽しみ方は?

購入した人たちは、それぞれの食べ方で楽しんでいるようです!

 

ミッフィーちゃん

 

ラブリーなうさちゃん

 

形も可愛いし、アレンジ次第で凄く楽しめそうな食パンですね!!

私も食べたくなりました~(*^_^*)!!

 

 

 

ベーカリー兎座LEPUS

住所 東京都杉並区梅里1丁目15−13
営業時間 10:00~19:00
定休日 月曜、第2・4火曜日

公式ブログ:
ベーカリー兎座LEPUSのウサギぱん日和

 

 

ウサギパン人気が止まらなさそうですね♥!

 

 

 

スポンサーリンク

この記事の内容が面白かった!役に立った!と思ったら共有してね♪