LINEモバイルでihoneは使える?メリット・デメリットや通話料金も解説

LINEモバイルのCMに、

あまちゃんで有名になった「能年 玲奈」さんこと、名前改め「のん」さんが出演されていますね!

 

このCMを見て「LINEモバイルって何だろう…?」と思う方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、今回、LINEモバイルについて徹底的に調べてみて、まとめてみました!

 

LINEモバイルとは格安スマホの中の1種です。

 

そもそも格安スマホって一体何?

ちゃんと使える物なの?と疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 格安スマホとは? 

従来の携帯会社は、ドコモauソフトバンクの3社が主でした。

それに加えて各社から出ているiphoneも普及していましたよね!

 

そのスマホの月額料金は約7000円~と高額です。

通話をすると、1か月の携帯代が1万円程だという方も多いのではないでしょうか?

 

毎月のことになると、結構な支出ですよね。

でも、スマホを手放すこのは嫌だ…

でも、もっと携帯代を抑えたい…

そう思う方には格安スマホがぴったりなのです!!

 

なんと、

格安スマホ会社によって価格は異なるのですが、

約1か月の使用量は500円~

とかなりリーズナブルなのです!!

 

 

私も、1年前から携帯代を抑えたいと思い、ずっと使っていたドコモから格安スマホに変更しました。

格安スマホに変更して、1年になりますが、今まで通り何の問題もなくスマホを使えています♪

 

しかも月額2450円とかなり破格ですので、お財布にかなりありがたいので、格安スマホに変更してよかったなぁって思っています(*^_^*)

 

そんな私が、格安スマホに変更するとき、どのどの会社の格安スマホが良いのか、かなり迷いました。

そこで、各社の特徴やメリット・デメリットを紹介しようと思います♪

 

 

なぜ格安スマホは安いのか?

格安スマホを知らない方は、

格安スマホってなんでこんなに安いの?

本当に普通に使えるの?

機種がダサいのでは?

と疑問に思う方が多いでしょう。

格安スマホが安い理由はいくつかあります。

 

安い理由として、

・携帯電話の回線がドコモ・au・ソフトバンクの大手回線を使わせてもらうから安い

・携帯の店舗がない(または少ない)ので人件費がかからないため安く提供される。

・自分が1か月に使う分だけのギガ数を選ぶので価格を安く抑えることが出来る。

 

 

また、SIM部分の選択でも価格が抑えられます。

(SIMとはスマホの心臓部分の事を指します。)

 

データSIMと、音声SIMの2種類あります

データSIM

データSIMはデータ回線を使って音声通話をする形になります。

イメージはLINE電話やスカイプのような、回線を使っての通話です。

価格はとても安く月額使用料500円~

データSIMは090~の番号取得がないので、警察や、救急車に連絡することが出来ません

 

 

 音声SIM 

音声SIMは、音声通話の番号090、080を取得することが出来るので、今まで通り普通の音声通話が出来ます。

しかし、価格は、データSIMと比べて月額使用料が少し割高なのですが、普通のスマホと比べてもかなり安いですし、急を要する警察や、救急車などにも電話を掛けることが出来ます。

 

個人的には、普通の電話回線を使える音声SIMの方をおススメします!

 

 

 

 機種の種類は? 

格安携帯だからと言って、ダサいわけでなく、日本のSHARPやSONEY、富士通などもありますし、外国製の物もあります。

もちろんiphoneも使える格安スマホ会社もあります。

なので、ぱっと見は、従来と変わらないので、『あの人の携帯は格安スマホだ』とバレることは一切ないです。

 

要は、携帯の中のデータ回線の契約がドコモやauやソフトバンクなのか、

もしくは格安スマホなのかの違いだけなのです。

 

格安スマホの簡単な流れは分かっていただけたでしょうか?

 

 

それではここからが本題です!

様々な格安スマホの会社があるのですが、

今回この記事で取り上げるのはLINEモバイルです。

 

LINEモバイルとは?

 

今、日本でLINEを知らない方は少ないのではないでしょうか?

そのLINEから格安スマホが販売されました!1

LINEモバイルは月額500円から利用することができるMVNO(格安SIM)です。

 

 

気になる方はこちらの

公式HPをチェックしてみてくださいね♪

 

 

メリット・デメリットを紹介

格安スマホの会社は沢山あるのですが、このLINEモバイルのメリット・デメリットについて、まとめてみました。

 

メリットとは?

・LINE/Twitter/Facebook/インスタグラムをデータ消費なしで使える

・LINEの年齢認証を突破できる

・LINE Payカードを使えばクレジットカードなしでも申し込めて料金も支払える

 

デメリットは?

・ LINE/Twitter/Facebook/インスタグラムを使わない場合は月額料金が少し割高

・データ容量の選択肢がやや少ない

 

 

メリット・デメリットを詳しく紹介!

他社の格安スマホと比べてLINEモバイルの強み・また、デメリットをご詳しく紹介します!

 

データ通信が使い放題!

 メリット 

LINEフリープランでLINE、Twitter、Facebook、Instagramのデータ通信量がカウントされず、使い放題となります。

 

たとえば月に3GBまで使えるプランで契約した場合、通常ならLINEを利用したり、Twitterでタイムライン見たり、動画を閲覧したりすると、そこにかかったデータ通信量がどんどん消費されていきますが、LINEモバイルは、LINEやTwitter、Facebook、Instagramの通信にかかったデータ容量がカウントされないので、SNSを沢山利用する人にとっては、とてもありがたいのです!

よくLINE電話をする方も、お得ですね!

 

デメリットとして

LINE、Twitter、Facebook、Instagramをあまり使わない人にとっては、割高な値段設定になっています。

 

 

LINEのID検索が可能

 メリット 

ドコモ・au・ソフトバンクなどでは当たり前に出来ていたLINEのID検索が出来ていたのですが、格安スマホはLINE年齢認証が出来ないので、LINEのIDが取得できませんでした。

ですが、このLINEモバイルなら

LINEの年齢認証も突破できるので、他の格安スマホではできないLINEでのID検索ができます

 

LINE年齢認証が出来るので、ID検索ができることです。

ID検索が出来ることにより、他者と気軽につながることが出来るのです。

 

デメリット

ただし未成年に持たせる場合はID検索できるLINEは、厄介なことに巻き込まれるキッカケになる場合もあるので、未成年に持たせる場合はよく考えたほうがいいですね。

(そもそもLINEのIDは危険なものではないのです。ですが、IDを簡単に人に教えることによって、知らない人とも繋がることが出来るので、使い方によっては、厄介になる場合もあるのです。)

 

 

月のデータを全部使た場合でも

 快適に使い続けられる

 

 メリット 

LINEモバイルは、データを使い切ってしまった場合は通信速度が200kbpsに速度制限されますが、LINEフリープランならLINEの利用時、コミュニケーションフリープランならLINEに加えてTwitter、Facebook、Instagramの利用時は速度制限なしに使い続けることができます。

 

月の使用量を使ってしまうと、通信制限にかかってしまい、ネットに繋がりにくくなり、イライラ…とい経験をした方も多いのでは?LINEモバイルではこの現象が極力抑えられているので、イライラも少なくなります!

これは嬉しいですね!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 料金プランは? 

LINEモバイルの格安SIMプランと月額料金

  月額料金 データ容量
LINEフリープラン(データSIM) 500円 1GB ※1
コミュニケーションフリープラン(データSIM+SMS) 1110円 3GB ※2
1640円 5GB ※2
2300円 7GB ※2
2640円 10GB ※2
コミュニケーションフリープラン(音声通話SIM) 1690円 3GB ※2
2220円 5GB ※2
2880円 7GB ※2
3220円 10GB ※2

※1 LINEの利用時のデータ消費なし
※2 LINE、Twitter、Facebookの利用時のデータ消費なし

 

LINEフリープランにSMS機能を付ける場合は+120円/月 (SMS付きデータSIM)
LINEフリープランにSMSと音声通話を付ける場合は+700円/月 (音声通話SIM)

コミュニケーションフリープランのデータSIMにはSMS機能が付いてきます。

音声通話を付ける場合は+580円/月 (音声通話SIM)

 

※音声通話は070/080/090等の携帯電話番号で電話をする機能です。

携帯電話に電話をしたい場合や、MNPをする場合に必要になります。

 

 

 その他にかかる費用 
登録事務手数料 3000円
音声通話付きSIMを12ヶ月以内に解約やMNPをした場合、9800円の解約手数料がかかります。

 

オプション料金
・留守番電話 300円/月 

通話料金 30秒20円

 

MNP転出手数料
MNP転出の場合3000円のMNP転出手数料。

契約から12ヶ月以内にMNPをする場合、9800円の解約手数料が加算されます。

 

通信制限(規制情報)
高速データ通信量を使い切った場合は通信速度は200kbpsに制限されます。

200kbpsに制限された状態でも、LINEフリープランならLINEの利用時は速度制限なし

コミュニケーションフリープランならLINEとTwitterとFacebookの利用時の速度制限なし。

ただし、大容量のデータの継続的な送受信などを行った場合は一時的に通信を制限する場合があります。

 

 

いかがでしたか?

誰もが知っているLINEから出た、格安携帯で、注目度も高いようですね!

一度他の格安携帯と、比較してみては、いかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

この記事の内容が面白かった!役に立った!と思ったら共有してね♪