旅行に行くときに新幹線や電車よりも、飛行機を使うと、サクッと現地に行けるのでべりですよね!

ですがお値段が少々高い…。

 

そんな時早めに予約を取る早割サービスを利用してお得に乗ることも可能ですし、

LCC航空ならコストが大幅に下げて旅を楽しめます♪

 

 

今回はLCC航空を使って東京⇒北海道の道のりの価格を比較して行きます♪

 

スポンサーリンク

 

 

一般航空会社を利用した時の価格は?

羽田空港~新千歳空港間は時期にもよりますが、早割75日前を利用すればほとんどの時期で1万円台で行くことができます。

 

8月のお盆の時期や連休は早割を利用しても料金が高いです。片道2万円に近く、時期によっては2万円を超えることがありますが、6月、10月といった連休が少ない時期は、12,000円以下で新千歳空港へ行くことができます♪

 

fsfaeg

こちらは2016年の価格の例です。

 

 

 

LCCでは安く移動が出来る!

 

LCCでは、北海道までは新千歳空港のみ運行しています。

運行している会社は

ジェットスター

ピーチ・アビエーション

バニラエアです。

LCCの場合では、ほとんどの時期で1万円を下回る料金で航空券を購入することができます♪

 

こちらは2016年の価格の例です。

caefewe

 

 

8月のお盆の時期や連休は片道1万円を超える場合もありますが、一般航空会社と比べると安く航空券を購入することができます♪

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

格安航空は時期によってセールなどが実施されているので、思っていたよりも安く購入できる場合があります。♪

自分が行く時期はどの航空会社が安いか一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

ジェットスター航空公式HP

 

ピーチ航空公式HP

 

バニラエア航空公式HP

 

 

LCCの注意点は?

LCC各社の搭乗空港は羽田空港ではなく成田空港です。

 

また、一般航空会社と比べて新千歳空港までの運行本数が少ないです。

ジェットスターの場合1日7本、

バニラエアは1日6本、

一番少ないピーチ・アビエーションは1日1本運行しています。

 

また、LCCの航空券のみを見てみると、安く見えますが、

成田空港まで行くために電車か高速バスを使って空港まで行く形になるので、

空港までの料金は、羽田空港発である一般航空会社の方が安く済むことが多いです。

 

 

 

 まとめ 

一般航空会社の飛行機を使うと75日前の早割を使うとコストが抑えられる。

LCCの格安航空を使うと、コストは往復1万円以内に収まる時期もある。

ですが、成田空港のみ発着です。

 

新千歳空港へ安く行くことができる時期は、連休がなく旅行シーズンではない6月や10月などです。

 

 

格安の航空券は新千歳空港まではLCC各社は安く行くことができます。

利便性を考えると一般航空のほうが便利だと思われます。

どちらが便利かは、人によって異なるので、自分が旅行に出かける時の状況に合わせて選んでみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

この記事の内容が面白かった!役に立った!と思ったら共有してね♪