冬になると、お手軽に出来て、豊富に野菜が摂れるお鍋。

お鍋の回数が増すごとに鍋のレパートリーって案外同じものになってきたりしませんか?

 

そんなとき、市販で売っているダシを使って、一工夫してみると、いつもとは違う、お鍋が出来ちゃいます♪

今回は『得する人、損する人』で紹介されていた4種類のお鍋のレシピをご紹介します♪

 

 

スポンサーリンク

 

 

ミシュラン2つ星の料理人菊池隆がつくる

 雪解けふわふわみぞれ鍋  

 

  材料  

寄せ鍋つゆ・・1袋

塩ダラ・・8切れ

白菜・・350g

長ネギ・・1.5本

しめじ・・1パック

カブ・・5個

竹の子・・200g

菜の花・・1/4束

 

 

  作り方  

①鍋に寄せ鍋のつゆを入れます

②塩タラを8切れを入れます

塩で水分が出ているので

生よりも臭みが少なくプリッとしています。

 

③野菜は長めに切る

(白菜・ネギ・シメジも縦に切る)

汁に絡みやすくなるそうです。

 

④カブをすりおろす。

カブのほうがふわっとした触感になって甘みがあるからだそうです。

汁も切らずに鍋に入れる。

その上から白菜を入れ、竹の子と菜の花を入れて完成!

 

簡単にプロの料理人のみぞれ鍋がおうちで楽しめちゃいます♪

 

 

このお鍋のシメは?

 サッパリミカンそば 

材料

鍋の残り

塩昆布・・10g

水・・適量

そば・・2玉

刻みネギ・・適量

みかん・・1個

 

だし汁に塩昆布を入れて、そばを入れ、ネギを入れて、仕上げに、ミカンを絞って完成

 

 

 

今回の鍋-1グランプリでこのレシピは優勝でしたね!!

 

大根おろしならぬ、カブおろしが印象的でした!

冬の冷えた体に染み込みそうです~♪

 

シメの最後に、ミカンを絞るところが粋でしたね!!

さわやかな風味で、一風変わった味になって美味しそうでした♪

 

ぜひ、あなたもこちらのレシピを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

この記事の内容が面白かった!役に立った!と思ったら共有してね♪