今現在、沢山の素敵な子役さんがいらっしゃりますが、

柿原りんかちゃんという子役を知っていますか?

 

柿原りんかちゃんは2017年2月に公開される生田斗真主演の映画「彼らが本気で編むときは」で、育児放棄をされた女の子を演じます。

そんなりんかちゃん。子役ながらもとっても演技が上手なのです!

今回は、今注目の実力派子役の柿原りんかちゃんをご紹介します♪

 

スポンサーリンク

 

 プロフィール 

 

柿原りんか

2004年5月1日生まれ

 血液型:A

趣味:観劇、音楽観賞、クラシックバレエ

特技:絵を描くこと。きれいな字がかけ ること。

好きな芸能人:大竹しのぶ、綾瀬はるか

好きな食べ物:りんごとバナナ

 

趣味が観劇・クラッシックバレエ・音楽鑑賞と、とってもお上品な印象ですね!!

好きな食べ物は子供らしくてかわいいですね~!

 

 

 経歴は? 

 

りんかちゃんは、これまで 主に舞台・ミュージカルの仕事を多くこなしてきました。

 

「ALICE~不思議の国の物語」リス役

 「ブロードウェイミュージカル ピーターパン」マイケル役

 「ミュージカル スコア!」音譜の精/デー役

 「ミュージカル モーツァルト!」アマデ役

 

 

舞台「ミュージカル モーツァルト!」

2014年11月〜12月に、帝国劇場で上演された作品で、

主人公モーツアルトの心情を子供の頃のモーツアルト(アマデ)が表現します。

 

この役は男の子で、常に出番がある役なのですが、セリフは一切ない役柄です。

なので、表情や細やかな表現力が必要な役でしたが、見事に演じ切っていました!!

2016-12-28_01-46-34

柿原りんかちゃんがこの舞台に出たのは若干8歳の時。

振付師や演出家の方々が、柿原さんのことを「センスや根性が凄い!」と評価される程です!!

 

アマデ役はトリプルキャストで、柿原りんかちゃん・日浦美菜子ちゃん・内田未来ちゃんの3人で演じていました。

 

私も実際この舞台を観ましたが、子役の子が あんなに長時間舞台に出て堂々と演技をする姿はスゴイなぁと感動しました。

ほぼ3時間近くの舞台公演のなか、アマデの役どころは

朗らかなシーンもありますが、シリアスで重要なシーンも多々あります。

これを8歳で演じるなんて…!! 凄すぎます!!

 

舞台モーツァルト!のカーテンコールの様子です。

6分30秒辺りから、モーツァルト(アマデ役)をした柿原りんかちゃんが挨拶をしている様子が見れます。

劇中は喋ることがない役で、大人っぽい表情を見せる所もありましたが、

喋るとまだあどけなさが残る8歳の女の子です♪

こんなに堂々としているのが本当にすごいです!!

 

スポンサーリンク

 

 

映画に出演!!

こんな実力派の柿原りんかちゃんが出演する映画

「彼らが本気で編むときは」は2017年に公開されます。

 

ストーリー

主人公 リンコ(生田斗真)は男性として生まれたが、女性として人生を再出発しようとしているトランスジェンダー。

その恋人マキオ( 桐谷健太)のもとに、母親に置き去りにされた少女トモ(柿原りんか)が引き取られてきたことから、戸惑いながらも3人が奇妙な共同生活をスタートする物語です

 

 

 

ネグレクト気味の母親に置き去りにされる少女という少し難しい役どころを演じます!!

今まで舞台で培われてきた演技力が存分に発揮されるでしょうね!

 

かわいいだけでなく、堂々とした演技ができる期待の子役

柿原りんかちゃんの今後の活躍にも目が離せないですね!!

 

スポンサーリンク

この記事の内容が面白かった!役に立った!と思ったら共有してね♪