沢山鳥居が連なっているのがとても印象的な

京都にある伏見稲荷大社に行ってきました♪

 

cimg2529

アクセス方法は?

行き方はJRを使って行くと、とても便利です♪

JR大阪駅からJR京都駅まで行って、JR奈良線に乗り換えて

 稲荷駅下車すると、すぐに神社にたどり着きます

このコースで行くと、約54分乗車で片道840円です。

 

スポンサーリンク

 


 

“お稲荷さん”は全国に30,000社あると言われていて、総本宮がここ「伏見稲荷大社」なのです

毎日世界各地から多くの観光客が集まっています。

現地についてみて見渡してみると、日本人の観光客だけでなく、ヨーロッパ系や、アジア系、アメリカ系など様々な国からの観光客の方も目立っていました。

 

 

稲荷駅からまっすぐ進むと

伏見稲荷大社の立派な「楼門」が見えます。こちらは

1589年に豊臣秀吉により建立されました。

  cimg2481

 


伏見稲荷大社の見どころは千本鳥居ですよね!

 現地に行ってみて 初めて知ったのですが、よく取り上げられている千本鳥居以外にも

伏見稲荷大社には、鳥居が沢山ありました!! 

全体で1万本もの鳥居があるそうです。

  cimg2522

沢山ある千本鳥居は奉納された鳥居でできています。

奉納された方のお名前などが、鳥居の裏に記されているのですが、

大手企業のお名前もいくつか見かけました。

じっくり見てみると面白いです♪

 

鳥居の奉納は5号の小さなもので17万5000円

10号の大きいものだと130万円以上するそうです!!

 

こんなに鳥居があるところって、なかなかないですよね!!

 

千本鳥居を写真に撮ったのですが大迫力です!!!

なんと4Kmもの長さがあるそうです

中を歩いていても、鳥居、鳥居…と長く続きます。

どこまでも続く鳥居に圧倒されますし、なんだか神秘的な雰囲気でした。

 cimg2507

ちなみに、この鳥居をくぐりながら

心眼成就・商売繁盛を願うとご利益があるとされているそうです♪

 

鳥居は全て綺麗な朱色で、綺麗に管理されているのがわかります(^_^)

 

スポンサーリンク

 

また、奥まで行くと面白い「きつね絵馬」がありました!

cimg2517

みなさん個性的にきつねさんの顔を書いています!!

それにしても、みなさん絵心があって上手いですね…

どれも個性的なので見ていて凄く面白いです♪

 

なぜ狐の絵馬かというと、伏見稲荷大社のお使いは “キツネ” とされています。

なので絵馬もキツネなのです♪

 

千本鳥居を通り抜けると、2つの石灯篭(おもかる石)があります。

どちらかの石灯篭を選び、その前で願い事をしてから

石灯篭の空輪(頭)を持ち上げてみると…

持ちあげた時に予想よりも軽かったら「願い事が叶う」と言われ

予想よりも重ければ「願い事が叶わない」と言われています。

 

どう感じるのか…

自分の願いが叶えられるかどうか試したくなりますね(*^_^*)♪

 


名物の食べ物があります!

 

また、伏見稲荷大社の名物「すずめの丸焼き」も販売されています。

販売時期は11月中旬~2月中旬だそうです

私が行ったときは夏だったので残念ながら食べられませんでした^^;

 

でも、普段見慣れているスズメの丸焼きって、

少し抵抗があるかもしれませんね^^;

 

なぜ、スズメを食べるのか…

昔、米を食い荒らすスズメを食べて退治してやる!

として食べられるようになったそうです。

すずめの丸焼きは1串500円です。

 

なかなか他では味わえないと思うので、

千本鳥居を見て心清められた後は、

名物のすずめの丸焼きに挑戦してみるのはいかがでしょうか(^_^)?

 

スポンサーリンク

この記事の内容が面白かった!役に立った!と思ったら共有してね♪