2016年京都にポールスミス展が来るということで、行ってきました。

特にポールスミスが大好きというわけではないけれど、彼のデザインの創造の世界を見て観たくて♪

 

せっかく京都に行くのなら、行きたいところにも行こうと思って

ナナコプラスというお店に行ってきました。

 

このお店、和の飴を樹脂でコーティングした

ストラップやアクセサリーが販売されています。

色んな飴があるので、どれを買おうか迷ってしまいます。

 しかも同じ柄の飴でも若干大きさや表情が違うので、ほんとに迷いました。

お土産にも買っちゃいました♪

 

1つ500円程なので購入しやすい価格設定かなと思います。

 

ちなみに、スカイツリーでも店舗があるみたいです。

これは海外から来た観光客の方にも喜ばれそうですね♪

    img_20160706_142017  img_20160706_233447

四条の表通りから少し中道に入ったところにお店があります♪

しかも、周りにはオシャレなお店がたくさんあったので、

思わず写真を撮ってしまいました。

 img_20160706_134200 img_20160706_134317 

 

ナナコプラス

京都市中京区新京極通四条上ル中之町577-22

 営業時間 11:30~18:30

 Closed 火曜日 *祝日の場合は営業

 

スポンサーリンク


 

ポールスミス展はどんな感じ?

 

そのあとは京都国立近代美術館でポールスミスの

「HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH」展

 

来ているのは大学生ぐらいの若者が多いなぁと感じました。

展示はとってもおしゃれで、見ているだけでもとっても刺激になりました♪

しかも入館すると、チケットと一緒にイヤフォンがプレゼントで付いてきました!

 

展示物を見ながら、携帯とイヤフォンを繋げて、展示物付近にあるQRコードを読み込むと、展示物の解説をしてくれます!

    img_20160711_225517 

   今時ってすごい!

 

従来の美術館などでは、入り口で機材を別料金で借りて音声案内を楽しむスタイルが多かったのに、スマホでQRコードを読み取って解説を聞くなんて…!

時代の変化って本当にすさまじいなぁって思いました。^^;笑

 

しかもオシャレなイヤフォンがプレゼントされてなんだか得をした気分でした♪

       img_20160711_223615

印象的だったのは、ポールスミスが初めてオープンしたお店の広さを再現して建てられた建物があり、実際中に入って広さを体験できるものがあったのですが、

とても小さい空間で、この広さの空間から今の大人気ブランドになるなんて、本当にすごいなぁと感じました。↓

      img_20160706_160446

 

展示物を自由に写真に撮ってもよかったので、バシャバシャ撮りまくりました。笑

 img_20160706_153156   img_20160706_163120   img_20160706_153137

  img_20160706_160848   img_20160706_152802   img_20160706_163748 

  img_20160706_163210   img_20160706_160211   img_20160706_160848   

 

 

ポールスミスの世界観を堪能できたので、行ってよかったな!と思いました。

 

スポンサーリンク

 

アクセス方法は?

ちなみに京都国立近代美術館へのアクセスですが

私は地下鉄東西線「東山」駅から歩いて向かいました。HPには徒歩10分と書いていましたが、

夏の厳しい日差しの下歩くのはきつかった…。

バスを使ったほうが便利だと感じました。^^;

 

 芸術作品に触れてみることで自分の感性が磨かれるような気がしました。

ぜひ芸術鑑賞が好きな方は 京都の町で美術館に足を運んでみては いかがでしょうか?

 


 

京都国立近代美術館

住所:606-8344

     京都市左京区岡崎円勝寺町

スポンサーリンク

この記事の内容が面白かった!役に立った!と思ったら共有してね♪