私は格安航空LCCのPeach航空を結構利用しています。

初めて乗った時は、ドキドキでしたが今は慣れたもんです。笑

初めて乗るよ!って方に乗るまでの手順をお伝えします♪

 

スポンサーリンク

 


JR・南海の駅からのPeach第二ターミナルへの行き方は?

 

まず、JRか南海電車で来たとして…

ホーム出て右側のホテル日航側に行きます。

普段ANAやJAL、または国際線に乗る場合はホームを出て左側に行くのですが、

Peachは第2ターミナルという離れたターミナルから乗ることになります^^;

 

ホテル日航側のほうに動く歩道があるのでそれに乗って行き、

すぐにある階段を下りるとバスターミナルがあります

結構頻繁にシャトルバスが行き来してるので、

それに乗って第2ターミナルに行きます。

ちなみにこのバスは無料です。

 

このバスに乗るのはPeachを利用する方ばかりなのですが、結構毎回、満員の状態で移動することになります。

乗車時間は約5~10分程。

 


第2ターミナルに着いたら やること

 

まず自分で機械を使ってチケット発券をします。

申し込みをしたときに印刷したバーコードをかざして、

出てきたチケットを持って搭乗ゲートに並びます。(預ける手荷物ありの方は先に預けに行ってください)

 

搭乗ゲートをクリアすると、ロビーで待つことになります。

 

ロビーには、東京、北海道、沖縄など全国各地に行く人が

同じスペースで待つ形になります。

 

飛行機の準備が整い次第、窓側の席のお客さんから搭乗します

たぶん機内が小さいので混雑を避けるためだと思われます。

窓側のお客さんが乗ったら、その他のお客さんが搭乗できるようになります。

 

 

JALやANAに搭乗するときって、ゲートから機内まで繋いでくれていますが、LCCは繋ぎがなく、飛行機の近くの地上を歩き、階段を昇って搭乗します

普段は飛行機の近くなんて、なかなか見れないので、

少しテンションが上がります。笑

 


機内の感想は?

 

機内、座席ともに小さめです。

私は150cmで体が小さめなので不自由なく座れるのですが、身体の大きい男性だと、少し窮屈に感じるかもしれません

 

JALやANAなどである機内では飲み物サービスはPeachでは なしです。

ですが販売はしているので、お腹がすいたら購入することはできます♪

 

飛行機自体は小さ目な印象ですが、料金が安いLCCだから怖い!

なんてことは全くありません(*^_^*)♪

安心して乗れます♪

 

スポンサーリンク

 

機内で購入しておくと便利な切符

 

また、成田から東京駅方面に行くためには、電車高速バスを利用します。

電車で東京方面に行ったほうが安く移動できるのですが、乗換などがあるので、

高速バスに乗ったほうが楽々移動が出来ます。

 

成田空港に着いてからも高速バスを手配することは出来ますが、

Peachの機内販売で「THEアクセス成田」の乗車券が1000円で販売されています

 

THEアクセス成田」は成田空港から東京駅・銀座までを約70分で移動できます。

成田空港からは約20分間隔で運行されているのでとても便利です。

 

私はいつも機内販売で購入して、飛行機から降りたらすぐにバスで移動できるようにしています♪ 

高速バスだとゆったり移動できるので、お勧めです♪

 


機内のお世話をしてくれるCAさんの感想は?

 

従来のJALやANAのCAさんは黒髪で、清楚なイメージですが、

PeachのCAさんはオシャレを楽しんでいる印象でした。

到着間近になると、CAさんは機内アナウンスで「今日はホンマおおきに~」と言います。(*^_^*) 大阪のLCCならではのおもてなしですね♪

全体的に満足なのです♪

移動費が安くついた分、食事やお土産などにお金を回せるのでよく使っています。笑

 

あなたもぜひ次の旅はLCCのPeachを利用してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

この記事の内容が面白かった!役に立った!と思ったら共有してね♪